スタッドレスタイヤを夏に履きつぶすリスク

夏と冬でタイヤを履き替えるのが面倒などの理由で、スタッドレスタイヤを夏でも履きっぱなしにする人もいる。

しかしスタッドレスタイヤには柔らかいゴムが使われているので、特に高速道路を走ると減りが早く寿命が短くなる。

コーナリング性能や燃費も低下するので、性能的にも経済的にもおすすめしない。

タイヤの残り溝が50%以下になると冬タイヤとして使うこともできなくなる。

夏にスタッドレスタイヤで車検を受けても基準以上の残り溝さえあれば問題ないし、スタッドレスタイヤを夏に装着していても違反にもならない。

とはいえ、止まる・曲がるなどの性能は夏タイヤには劣る。

特に雨の高速には注意が必要。


名無しさん
北海道在住です。北海道は「履き潰し」で冬以外にもスタッドレスタイヤを履いてる車は結構見かけます。これは記事の前提である「面倒だから」ではなく、夏タイヤを1シーズン使わなくても良く「経済的」となるからです。
まぁ、夏タイヤの劣化もあるでしょうから本当に経済的かという反論もあるでしょうが、みんなそこまで考えていないと思います。
夏にスタッドレスを履いている事が理由で事故が起きたとは、長年北海道に住んでいますが、周りにも報道でも聞いた事がありません。
実際記事の通りなんでしょうけど普通に安全運転していれば問題ないかと思います。
タクシーやトラックなどの緑ナンバーの車両は普通に夏もスタッドレス履いてます。

名無しさん
積雪の多い山間部に住んでいますが、スタッドレスの履きつぶしをしています。タイヤの山が4分くらいになったら、そのまま夏用として履いています。
中途半端に減っている物を冬シーズンに履き、滑ったり減ったりでのシーズン途中の入れ替えを避けるようにしています。
その時の走行状況にもよりますが、燃費は現行ノア4WDで約1km/Lほど変わってきます。
夏場は、タイヤが柔らかい分、カーブでの踏ん張りが弱いです。
オールシーズンタイヤで勘違いしないでほしいと思う事は、降り始めの雪で、本当に少ない積雪なら大丈夫かなくらいに思ってほしいです。
販売側の説明不足もあると思いますが、オールシーズンタイヤなら山間部の積雪の有る道でも大丈夫と勘違いしたドライバーが、上りカーブで立ち往生したり、少し上りのキツめの坂を上がらなかったり・・・
4WDならまだしも、FFやFRではハマってしまいます。

名無しさん
関東在住ですが、自分の方のエリアは年に2~3回降雪する程度です。
スタッドレスは確かに安全に雪道を走行する為に必須だと思いますが、置き場所と購入資金も必要・・・
オールシーズンをサマータイヤで走行して、雪が降ってしまった場合は車に乗るのを諦める、という選択肢も有りだと思います。
しかし、どうしても移動が必要な場合はタクシーを利用する方が自分としては経済的と判断しました。

名無しさん
新品スタッドレスタイヤを購入し、冬道のみで3シーズン程使い、溝が少なくなって来年の冬道には使えそうもない最後の年に、そのまま夏も通して使用しています。
その年はタイヤ交換の手間や、工賃もかからずに、夏タイヤも消耗せずに経済的になります。
そして次の冬の雪が降る少し前に、オートバックスなどで使い切ったスタッドレスをホイルから外し、新品のスタッドレスを購入します。
雪国のタクシー会社が、雪が降る前に新品のスタッドレスに付け替えて、ひと冬使い、そのまま夏も使い続けて、次の冬の雪が降る前に、また新品スタッドレスにすると聞いたことがあります。
走行距離がハンパないタクシーでは一年でスタッドレスを使い切ってしまっても、夏場もそのまま使えば
、夏タイヤを購入する必要が無く、交換の手間や、工賃もかからずに、かえって経済的にも思えます。

名無しさん
通勤&休みもよく出かけるなら体感できるレベルで加速しないから交換したほうがいい。
スピードを気にしないならそのままでもいいけど結局燃費も最低でもリッター1kmは下がるから、場合によっては経済的ではない。
実燃費ℓ10㎞でガソリン150円年1万走ると15000円くらいの差。長い距離走るならもっと。
実燃費ℓ15㎞くらいなら7000円ほど。このくらいなら加速とグリップだけ注意すれば目をつむれるレベルになってくる。
(あくまでリッター1㎞差の場合、もっと差が多い場合もある)
あと平時にスタッドレス履きっぱなしだとグリップで熱持ちやすいうえに石やらはにやら挟まり放題になるのでそれを放置してると劣化が格段に速くなるから注意。
冬道や田舎道は平時の実燃費よりもっと下がる。まぁ好きにして「安全に気を付けて運転」すればいいよ。私は普通に履き替え、タイヤ溝劣化して来たらシーズン履き潰しで新スタッドレス。

精鋭阿賀北衆末裔
スノータイヤが劣化し冬期以外に使い履きつぶす選択しも有りかと思う
飛ばさない人ならそれでも十分だと思うが 自分は飛ばす方なので夏にスノーは付けない 劣化したら廃棄します
燃費の悪化等色々ありますが 一番の問題なのはブレーキ性能が格段に落ちます 一割は確実に制動距離が伸びると思って良い
特に国産は積雪路に特化し過ぎてるのかその傾向が強い気がする
ヒヤッとした で済んだのが ゴツン
そんな思いはしたくないですから

名無しさん
私は、最後の年に履き潰しています。
夏場のスタッドレスでも、よほど飛ばさない限り問題になんてなりませんよ。タイヤが柔い感覚は気持ち悪いですが。
そもそも、そんなこと問題にするなら冬なんてスタッドレスでも走れませんね。
それと話はそれますが、スタッドレスの制動コマーシャル、誇大広告にならないのかと思ってみてます。

名無しさん
20年くらい前の話ですが…
梅雨時期、雨の日にスタッドレスで事故りました。
夏タイヤと同じ感覚で運転していたら横から飛び出してきた車の側面に衝突。
普段(夏タイヤ)なら絶対止まれる速度と距離でした。
フルブレーキでタイヤが滑って突っ込んだ感じです。
こんなに止まらないのか?と驚きました。
当時は冬場に何度もスキー場へ通っていましたが、スタッドレスは雪道で滑った時より舗装路に雨が降った時の方が怖いです。
それ以来、手間と費用が高く付いても毎シーズンごとに交換しています。
その後は20年以上無事故ですが、当時の自分は知識と経験不足だったと痛感しました。
普通に運転するには問題なくても緊急時の回避性能まで考えるとおすすめ出来ません。

yahoo_jiro
北海道の営業車はスタッドレスを履き潰して、毎年新品のスタッドレスを履くところが多いですね。ただ、マイカーでこれをやる人はあまり多くないと思います。自分もそうですし、他人様のクルマを見ていてもそうです。熱垂れと制動力の低下が指摘され、夏と冬で履き替えが推奨されているのは本当です。タクシー、外勤の人の営業車、ダンプ(スタッドレスが、というより、秋にはツルツル丸坊主タイヤになっているという別の問題もあり)というのが、履き替えない中心の車種ですね。
そして、最近の新しいスタッドレスは、皮むきをしなくとも一発目から結構効くぞというのが率直な感想です。

名無しさん
スタッドレスタイヤが万能だったら、そもそも夏タイヤなど必要ないわけで。
スタッドレスタイヤは、通常の走行で夏タイヤより性能が低下してしまうのは間違いのない事実だが、性能の低下を理解して大人しい運転を心掛けていれば問題ないのかなとは思う。
ただし、スタッドレスタイヤでとんでもない速度や運転で走ったら、曲がらない・止まらないで夏タイヤより悲惨な結果になる確率は高いと思う。
あと、スタッドレスタイヤは夏タイヤよりも硬化しやすいので、溝が充分にあってもゴムが駄目になっていて要交換というパターンもありうる。
これを防ぐには、紫外線や雨などを出来る限り浴びない事…つまり雪のシーズン以外は屋内保管しておくことが望ましいという事になる。

ponpon
スタッドレスタイヤを夏でも履くのは、
ある意味、勿体無いから。
スタッドレスタイヤは、50%まで磨耗すると、
雪道で使用が出来なくなる。
でも、普通の路面では使用出来るのに、雪道で使えないからといって捨てるのは勿体無い。
だから、使い切る意味で夏場でもスタッドレスタイヤを使います。
それから、スタッドレスタイヤは確かに
ハイドロプレーニングを起こしやすいです。
が、冬でも雨は降りますから、必要最低限の
ウエット性能は担保されています。
どしゃ降りの中を高速走行しない限りは、
問題ありません。
半分減った状態という事を考えれば、
普通タイヤもどしゃ降りの中を高速走行すれば
ハイドロ起こしますけどね。
それよりも、スタッドレスタイヤを夏でも
使うデメリットは、乗り心地の悪さや
ロードノイズの大きさでしょうか。
こういう事の取材って、メーカーは受けて
くれないのでしょうか?

れん
関東南部住みで車は仕事で使わないので、基本スタッドレスは必要ありません。
年数回程度の降雪時は、車を使わなければすみます。
昔はスキー通いなどで年に何回も雪道を走っていたので、冬はスタッドレスを装着してました、4駆にスタッドレスであれば道路は殆ど走破できましたので有用でしたが、そうでなければ不要です。
その時に感じていた事は、スタッドレスはノーマルタイヤより乾燥路ではグリップ性能は低い、サイプという構造上ゴムがよれるのでグニャグニャした感覚があり絶対的な性能も落ちる。
特に気をつけるべきなのが、ウエット路面でのグリップ性能がノーマルタイヤよりかなり落ちる点。
新品のスタッドレスを通年使う人はあまりいないだろうが、折角のサイプ構造のエッジを削ってしまい、雪道性能が落ちてしまうので勿体無い。
寿命のスタッドレスを通年使う場合はブリップ性能が悪い事を考慮の上で使う事。

若きご意見番
関東在住者ですが、スタッドレスタイヤを夏季になっても、夏季運転中はブレーキやカーブでの制動性には注意しつつ履き続けています。
確かに、夏季に夏タイヤを履くことにブレーキやカーブでの制動性等に優位性がありますが、固めの海外製スタットレスタイヤであればこれら問題は解消されています。
どうも、国内製タイヤは事故防止に重点を置き年々柔らかめになる傾向があり、ブレーキやカーブでの制動性は確保される一方、短寿命化傾向が見え、夏冬履き替えをしても4シーズンでの交換となり、冬タイヤでも4年間での交換となり、現実的にスタッドレスタイヤを夏季になっても履き続けていることに非経済性は感じていません。

名無しさん
ゴムの寿命が来る前に、履きつぶせるほど走行をしない方や乱暴な運転をしない方は、年中スタッドレスでも十分な安全を確保できるくらいの性能はあります。冬の乾燥路や積雪のない状態、高速道路を走る事は良くある事。また泥道などにもスタッドレスは対応していますので、田舎の舗装されていない山の道などを使う人には、むしろスタッドレスの方が良い事もあり、スタッドレスによる事故より、空気圧を適材適所で調整する事が大事です。空気圧が低くてパンクさせる事故の方が多いと思われます。

むーん
スタッドレスは接地面がぐにゃぐにゃに柔らかいから雪のない普通道路を走るとハンドルの反応が少し遅れるし違和感を感じるはず。しかも元々舗装道路を長々と走る前提で作られていないので、スタッドレスのままで夏も走ったりすると摩耗が激しくてすぐ使い物にならなくなってしまう。走行性能も劣るはずだから高速道路などでは不安。
個人的にはやらない方がいいと思うし、タイヤをムダに消費することになって金銭的にももったいない。入替工賃のほうがタイヤそのものを買うより安いはずなので、面倒くさくても雪シーズンが終わったら夏タイヤに替えた方がいいと思う。

名無しさん
ドライ舗装路の急ブレーキは、危険だと思います。ロックするほどの急制動ですと、明らかに制動距離が伸びます。ゴムが柔らかいからグリップが増しそうですが、実は逆なのです。
スタッドレスの接地面には、細かいナイフカットが多数入っています。ブレーキングするとゴムが変形して微細なエッジが立ち、雪や氷に食い込む仕掛けです。ところがドライ舗装路では、エッジが立つ分実質的に接地面積が減るので、逆に制動距離が伸びる傾向にあります。
十数年前に日本海側にいた時の経験では、事故回避の急制動で大幅に制動距離が伸び、追突してしまいました。以後は春になるとさっさと夏タイヤに交換していました。
今の製品はどうだか知りませんが…日常走行のブレーキングでは、制動力の低下がまったく感じられませんので要注意です。あくまでもロック寸前の急制動で、初めてタイヤに裏切られるのです。

名無しさん
北海道でも、積雪地帯ではなく凍結状態を走る機会が多い地域に住んでいます。
スタッドレスは、新品の状態から3シーズンで履き替えます。
冬のシーズンが始まるまで、そのスタッドレスを履いたまま。
よほどの危険な運転をしない限り、夏場でも問題ないと思います。
現実問題、雪の降る前の11月に交換している人は多いですが、それによって事故が増加したなんて話は聞いたことがありません。

名無しさん
山間部等で履き潰している人たちはある程度確信犯的な人が多いんじゃないかな。
当然、夏タイヤよりも性能が落ちることは当然として考えている人も多い。
正直言って、タイヤの性能の差を分かる人はそういないと思う。私個人はサーキット走行するので、意識して差を感じようとするけど、ほとんどの方は何履いても分からんと思う。

名無しさん
スタッドレスタイヤの製造年数が5年以上で溝があるなら履き潰しで、寿命がつきる前まで使用し、通年乗っても大丈夫でしょうね。時間がたつとタイヤの硬質化になっていくので良いでしょうね。新しいスタッドレスを履き続けるのはよくなく、新に交換することは安全な経済性もよく、新しいスタッドレスタイヤは積雪凍結にもっともよく効くので、消耗サイクルを考えると、古いタイヤを早く廃棄するために乗り続けて、新しいスタッドレスタイヤに履き替える措置ですね。

名無しさん
スタッドレスタイヤは、冬の(温度の低い)道に特化させた性質を持つ
製品ですから、条件から外れた使用では当然ネガも出ます。
他の方もおっしゃっていますが、スタッドレスタイヤの
夏場使用時は、一般的なタイヤよりもぐにゃっとします。
これは、タイヤゴムの硬化する温度の設定が違うからです。
一般的なタイヤの硬化し始める温度が、大体0度位に対して
スタッドレスタイヤのそれはー25度だそうで。
それだけスタッドレスのゴムは寒さに特化させています。
冬場の冷えた路面で丁度よい特性が得られる様に作られているのです。
当然、路面が熱いとより柔らかくなるので、ぐにゃっとする。
細かく刻まれたサイプは腰砕けになってグリップも落ちる。
雨の日などは吸着~の様なコンパウンドも仇となって接地面の水膜が
排除出来ず、とても滑りやすい。
事故を未然に防げるのでしたら、タイヤ代など安いものだと思う
のですが・・・

名無しさん
履き潰しなら問題ないでしょう スタッドレスが夏タイヤより柔らかいのは わかりきったことだし 走って夏タイヤと感じが違う事は明らかだし それをふまえて運転する それらを知らない わからない人達の為の記事だね タイヤのせいにせず運転者がちゃんと管理運転者する事が大事でしょう

名無しさん
夏場に履くスタッドレスに安全性の問題がある訳でなく、スタッドレスのグリップ性能を理解せずに走るドライバーの頭に問題があるのです。
経済性は個人の好みです。普通に夏タイヤより限界性能が低いのでそれに合わせた速度で気をつけて走ればいいだけ。


自分はそんなに距離乗る方ではないから溝の減りは遅いです
スタッドレスを冬の間だけ4シーズン履いたら、溝が充分に残っていても、その年はサマータイヤに交換せず履き潰すし、その年の年末に新しいスタッドレスを買います
その時は雨の日に急ブレーキしないようには気をつけてます、スタッドレスは雨の日にスリップし易いのは確かです、私はあまりスピード出さないので通常運転でなら問題ないし、特に違いすら感じませんが、昔、急ブレーキ気味に信号で止まった時があり、スリップして止まり難かったのと、その音に結構ビビリました
(一応ちゃんと止まりましたけどね)

名無しさん
肝心な事が記載されていない。
スタッドレスは夏タイヤと比較し雨天時の制動距離が飛躍的に伸びてしまうため、危険度が増します。
この記事は過去にJAFメイトにも掲載されてました。
法律的な問題ではなく降雪がない時期はタイヤ交換すべきです。

名無しさん
東京在住です。
冬山行くのが好きで12月末~4月頭くらいまでスタッド履いてます。スタッド履いて冬の3シーズン目のオフにはスタッドは春夏秋と履いたままで履き潰しにし、次の冬前に新たなスタッド買って履いてます。
東京の雪は湿気が多くシャバシャバでスタッドでも滑りやすいんですが、東京・神奈川では未だに雪の中でノーマルタイヤで走る人も多く、わずかな坂も上れなかったり止まれずに置き去りにされてる車も多々あります。
当方スタッド履いて出かけてますが、そうゆう車がいるお陰で道路はパニック、帰宅困難になってしまう事もあり、大雪の翌日は仕事休んだ方がマシな感じです。
スタッド履く方でも、まだまだタイヤの溝がバリ山あるのに交換面倒くさがって夏も履いてる人がいますね。
雨の日はノーマルタイヤよりスタッドの方が滑りやすいのは注意するべきですね。

名無しさん
スタッドレスタイヤはグリップ力が弱く、舗装路での急制動に
問題がある。スピードを出さなければ良いと言うのではなく、
安全運転をするならセコい事を考えず、路面に合ったタイヤ
を選択するべきだと思う。

名無しさん
運転して違和感があるからできればスタッドレスの期間は短いに越したことはない。夏タイヤのほうが乗り心地も反応も断然違う。

ネットにも良識を
付け替えを収入源としてるところと見識違いそう。
自分で交換するなら断然交換したほうがいいだろうが、年二回店に持ち込むのと、そのままスタッドレスで過ごす場合の比較に言及してほしかった(もちろん、年間走行距離によって違いは大きいだろうから、例として)

名無しさん
コメントにオールシーズンタイヤって人が多いのに驚いています。
オールシーズンと聞くと両方のいいとこ取りみたいに思うかもしれませんが、両方の悪い面も持ち合わせています。
夏場は夏タイヤより、冬場はスタッドレスタイヤより確実に制動距離が伸びます。
オールシーズンタイヤほど危険なものはありません。
1本だけのクラブでゴルフをプレーしないのと同じように、タイヤも用途に合わせて使い分けるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました